ニートの社会復帰はボランティアが向いているのでは?

ニートが社会復帰したい場合、ボランティア活動が良いんじゃないかと思います。

一見、(ほとんどの場合はお金のない)ニートが金銭の貰えないボランティアなんてして何の意味があるんだと思いがちだと思うのですが、ニートが働けない理由はプレッシャーとか責任感の場合が多いと思うんですよね。

あとはプライドが高い場合、(この年だと正社員以外は認められない)(恥ずかしい)みたいな「どの立場で言うてるねん!」みたいなメンタルで自分で自分を縛っている方も多いのではないかと思います(もっとも、○○の仕事は恥ずかしいという価値観は教育ママ的な親の価値観を押し付けられた結果が多いのですが)。

 

ただボランティアは子供だろうがオッサンだろうが恥ずかしくない、むしろ少し誇れるくらいでしょう。

それにボランティアは金銭が生まれないので(真面目にやるのは当たり前ですが)プレッシャーや責任感もほとんどなく、むしろ相手側に「ありがとう、ありがとう」と言われるばかりです。

恐らく(働くって、こういう事なんかなぁ)(働くって素晴らしいなぁ)と思えると思います。

 

あとはボランティアの場合、結構様々なお仕事に携われるので、いきなり就職しなくてもいわゆる”下見”が出来ます。

変に業界に夢を見て、入ってみてブラックな現場を目の当たりにして1日でバックレて、そんな自分を攻めてしまうパターンは、かなりあるあるだと思いますので。

それなら1日だけのボランティアで下見をして、早めに見切りをつけたほうが良いのではと思います。

 

どうでしょう?🤔