セミリタイア後のアルバイトについて

よく「セミリタイア後はバイトでもしておけば大丈夫」みたいなことを言ったり聞いたりするのですが、最近「この”バイト”ってなんじゃい」と色々考えています。

 

例えば

・そもそもバイトって何歳くらいまで雇ってもらえるのか

・時間労働のためのバイトか、それとも時給より楽しい仕事ができるバイトをするのか

・バイトって一生続けられるのか

などなど、若くしてセミリタイアした人は真剣に考えておいて損は無いと思います。

時間労働のためのバイトか、時給は低くとも楽しい仕事ができるバイトか

せっかく自由を利かせらえるためにセミリタイアしたのに、やりたくもない仕事を短時間といえどやるのか、それとも時給を無視してやりたかった仕事をするのかですね。

仮に嫌な仕事でもフルタイムから週に数日に減らせたならセミリタイアした意味はあると言えますが、個人的にはどうせなら楽しい労働をしたいところ。

 

貯金0でセミリタイアしているブロガーさんで雀荘で働いている人いましたよね。

私なんかも趣味に関連するショップが全国展開しているので、田舎の店舗に潜り込めないかな~なんて考えたりもします。

バイトって一生続けられるのか

セミリタイア後の貯金や配当の額にもよりますけど、基本はバイトは生活するためにやるものであって貯金するためにやるものではないと思います(貯金したければセミリタイアなんてせずにフルで働き続けると思いますし)。

そうなると月々の損益はトントンか軽いプラスになる程度でしょうから、いつまでたってもセミリタイア⇒リタイアに向かう事は無く、一生バイトを続ける必要があるのかと思います(株に投資している場合等は除く)。

 

そうなるとバイトって何歳まで続けられるのかですよね。

先に挙げた”趣味の延長の楽しい仕事”も、はたして40、50となったときに続けられるのか…まぁその時には転職すればいいのですが、いずれは楽しくないような仕事に就かなければならない可能性も考慮しておかないといけません。

 

これが嫌ならアルバイトをしながらも何かしら時給が上がる資格等を取得するか、株式投資をしてキャピタルゲインを狙うか、何かしら副業を始めて収入を上げていくしかないのかなと思います。

アルバイトは良くも悪くも時間労働で、給料はず~っと変わりませんからね。

 

私個人としては、どっかの田舎でバイトする可能性が微レ存ですね。

今は自営ですけど正直仕事に完全に飽きていますし、確かに自由は効きますが国内外色々旅行して思ったのは(どれも人生かけるほどのことはなく、別にあってもなくてもいいな)と言う感想で、昔みたいな「これが出来ないとワイの人生は0点や」みたいなエネルギーもありません。

一周回って普通の生活をしたいというか、友達とか大事にしながら生きていけたら別に大きくて特別な体験はいらないかなと思ってます。