セミリタイア後に一人でできる退屈しない暇つぶし

かつて島田紳助さんが「人生は所詮暇つぶし」なんて言いましたが、私のような20代でセミリタイア中の者だと暇を潰せない程の時間が残っています。

最もこの「暇」を潰すのに向いているのは、何か目標を持って我を忘れて集中することだと思いますが…それは今は模索中という事で(笑)

私みたいなただ生きているだけの人間でも、暇を簡単につぶせる2つの方法があります。

1.創造

1つ目は創造、クリエイティブな活動です。

例えば絵を描いたり小説を書いたりなどなど、幸福論でも「幸福とは創造だ」「ものづくりの趣味を持っている人は一生幸せ」みたいな理論があるくらい、自分で何かを生み出すことは

・時間を忘れられたり

・ストレスを発症できたり

・また、作り出したものを通じて外部の人間と交流できる

という点で非常に良いと思います。

 

私も学生時代にはイラストを描いたりゲームや音楽制作をしたりしていました。

仕事を始めてからは時間の無駄だと思いしておりませんが、そもそも私の仕事はクリエイティブ系ですので、セミリタイアした後も趣味感覚で仕事はボチボチ続けていますし、苦にはなりません。

2.新しい体験をする

私は今のところ「自分の人生は、小さくても新しい経験を積み重ねていくことだ」と思って日々過ごしています。

新しいことを経験するとワクワクするし、例えば1週間後にその経験ができるなら(あと〇日か…)(どんな感じなのかな…)みたいな感じで毎日割と楽しいです。

 

ちなみに今はコロナの時期ですので、私は1週間に一度くらいを目途に”お取り寄せ”をしています。

新しい経験で脳さえ動けば良いわけですから、商品の値段は全く高くなくてもOKです。

 

例えば今週だと、以下のものを取り寄せました。

f:id:may_14_2020:20200722150405j:plain

f:id:may_14_2020:20200722150456j:plain

f:id:may_14_2020:20200722150546p:plain

 

私はコロナが始まってから無作為に雑誌を50冊ほど購入しました(1冊100~200円程度のバックナンバー)。

その中で気になった一つがビールでした。

 

そもそも私はアルコール類一切ダメで、お正月に日本酒を飲む程度なのですが、聞くところによると日本で出回っているビールのほとんどがもとは一緒のラガービール?らしいので、(もしかしたらお口がヨーロピアンなだけかも)と思い、世界のいくつかの種類が違うビールを取り寄せてみました。

おそらく全部嫌いだと思うのですが(笑)、私は味を予想してワクワクしたり、また「まずいことを知った」という経験だけで生きていた意味があるというか、自分の人生経験にとっての積み重ねになると思うんですよね。

 

ちなみに上のセットは7本で3000円程度です。

仮に3000円程度の物でも、脳はかなりワクワクしているのでコスパはかなり良いと思います(笑)

要はお金使って何か消費すること自体に意味は無くて、脳がワクワクするかだけだと思うんですよね。

 

 

…とまぁこんな小さな幸せを用意しつつ、定期的に友達と遊んだりしていれば、それなりに退屈はしないと思います。

でも一番は、何か目標を持って我を忘れて熱中することだと思いますけどね。

内側から湧いてくる創造の欲求と、外側から満たしてあげる消費を両立できると、時間を忘れられる人生を歩めそうです。