Go to は自己責任で

もうすぐGo to キャンペーンが始まりますが、こうも政府と都と国民の意見が分かれていると一般市民はどう行動していいのかわからなくなりますね。

ただメディアとしては危険性を煽りすぎかなと思います。

毎日のように数百人程度の感染者数を大々的に公表して、そんなに意味あるのかなと。

 

もちろんベストな選択は家にじっといることですし、どれだけ感染する確率が低くとも自分がババを引いてしまったらアウト、しかもそのババを引いてしまった中でも特に疾患等無い人が死んでしまったりもしています。

またいくら軽傷と言ってもかなりキツイ体験をする羽目になったり、最近では後遺症が重く長く続くこともわかってきていますよね。

 

ただ

・コロナのこの何とも言えない雰囲気が数年続くと言われている事(このペースで感染者数が増えても集団免疫なんてなん十年かかるんじゃと言う話なので、結局はワクチン等を待たないといけない)

・人口比率でみると、東京都でさえ感染している人は全体の0.07%程度であること(他の地域ではもっと数は少ない)

を考えると、メディアで「今日は東京都で200名感染者出てます!」と言われても「そんな毎日騒ぐことかね」と思っちゃいますね、個人的には。

 

今の日本の雰囲気って、Youtubeで違法動画見ている雰囲気に似ている気がします。

正直見ている人なんて沢山いるわけですけど、見ていいかと言うとダメじゃないですか。

そんな感じでコロナも2年間くらいは「自粛自粛」なんて言われながら、あとは自己判断で行動していくようにするしかないのだと思います。

 

特に鳥取から島根への移動なんて、県人口から見た感染者数0.0009%から0.0037%への都道府県の移動ですからね。

そりゃ0か1かで判断するなら移動しない事がベストですけど、その辺りは言葉にできませんが…ねぇ、自分の人生を考えて個人で行動していきましょうという話ではないでしょうか。