「無責任なことを言うな」という無責任な人

よくヤベェ意見の人に「無責任なことを言うな」みたいな人いるけど、別にこの言葉を発する人が責任を負っているとは思わないと思う。

というのも「無責任なことを言うな」という人って大体が「正論」で「大多数がそう思う事」なので、要は味方が沢山いるしもしかすると思考停止しているかもしれないし、要は正しくて味方もいるんだから責任なんてそんなにないんじゃないかと思う。

責任てのは参加した人の数で分散されるんだから、正しい事を言っている人、一人一人の責任は軽くなりそう。

一方でヤベェ事言ってる人って確かに無責任かもしれないが、少なくとも見方が少ないのにヤベェ事言ってる時点で勇気があるというか、かっこいいというか、見方を変えれば(どう反応されるか分かっているなら)責任感があると言えるかもしれない。

 

 

なんでこんなこと思いついたのかと言うと、正論マンってどっから湧いてくるのかなと思って。

おそらく正論マンって自己評価めっちゃ低いんじゃないかと思う。

なので誰にも叩かれない正論を発して、「そうだそうだ!」と周りに言われて自己肯定してもらいたいんじゃないかと。

 

ただ本当に自分で考えた結果、世間の正論と一致する場合は無責任ではないと思いますけどね。

でも「俺、こんな風に言ってやりましたよ!(ドヤァ」みたいな人が世の中には多すぎると思う。

仮にヤベェ事言っても「文句あるならかかってこいや」「全部言い返したるわ!」という人の方が色々負っているのかもしれない。