他人の心配までしてくれるやさしい人たち 

世の中、他人の心配までしてくれるやさしい人、正義感の強い人が本当に多い。

自分には全く影響がないのに、他人の心配をしてくれる人。

 

例えば整骨院は保険の不正請求問題というのがあって、患者の悩みに無理やり名前を付けることで保険診療にすることだ。

患者からすると保険を使えるので安く済むし、整骨院からすると保険が貰えるので儲かる。

ただし間違いなくこれは”不正”で、真面目に整骨院業界でやっている人からすると本当に腹が立つだろうけど、そうでない人からすると無関係どころか少し得である。

それでもそんな”不正”を許せないと本気になって怒る人が世の中にはたくさんいる。

 

Yahoo!ニュースとかでキレてる人の99%も、その人には1ミリも全く影響がないと思う。

それなのに、まるで自分の事のように怒れる人が世の中にはたくさんいる。

自分から自分が怒ってしまう情報を探しに行き、自分で勝手に怒ってしまう人たち。

 

私はこれは別に悪い事だとは思っておらず、本当に当事者で怒ったり悲しんだりしている人からすると、当事者でなくても同じように怒ったり悲しんだりしてくれる人がいるのは心図良いと思う。

Twitterである「♯拡散希望」なんかも同じように可哀そうだと思う人が拡散してくれた結果事件が解決することもあるし、良い事もあると思う。

 

ただ個人的には、そんなに自分とか関係ないことに関心を持って疲れないのかと思う。

私はあるときテレビの99%が自分には全く関係ないと思ってテレビを捨ててしまった。

今回のコロナの件は自分にも関係あるけど、普段ニュースで流れてくる事件・事故の99%は全く自分の人生に1ミリも影響はない。

知っていても知らなくても今後の人生が変わることはない。

そんな知らなくてもいい物事に対して自分の脳と対話したりするのは本当に無駄で、おまけに脳のエネルギーだけでなく時間も電気代もかかるのだから本当に損だと思う。

お金を払って時間も使って頭も使って、何も生み出されるものが無いんだから。

 

自分が本当に影響を受ける目の前の事だけ真剣に考えると人生に集中できる。

そして自分が本当に困ったときだけ、世の中の正義感の強い人に助けてもらうのが効率が良い。