実は世の中、お金が嫌いな人が多い

私には何年にもなるタイ人の医者の友達がいるのだが、タイでは医者をしていてもアルバイト(医師のするやつ)込みで年収が日本円で100万円前後らしい(彼の場合はまだ30ほどなので特に安いのかもしれないが)。

そんな彼が最近企業とタイアップして美容クリームを開発したらしく、300万円程度のお金を手にして、急にブランド品を買いだしている。

 

6万円の腕時計、30万円のバッグを急に買いだして、失礼ながら(やっぱお金持ってない人がお金持つと、使っちゃうもんなんだなぁ)と思った。

まぁ私も人が大金を使うところを見ているのは楽しいし、実際一緒に遊ぶとおごってくれたりするのでありがたいのだが。

 

彼の場合はエリートだし今後年収も右肩上がりだとは思うが、どうも私には”自分の懐に入り込んだお金を、手放したくて仕方がない”ように思う。

どうも「お金は持っているだけ損で、何か物に買えないと持っている意味がない」と考えている人が多い気がする。

そういう人を見ると、「お金の事嫌いなのかな」と思う。

 

例えばボーナスが入ったとき。

別にボーナスが入ったって1円も普段より多く使う必要はないのに、”何か買うものがないか”と考えて、無理やり”自分のご褒美”と呼んで消費しようとしている気がする。

お金を手に入れた後に初めて(何か買うもの無いかな~※おそらく厳密には買えるもの無いかな~)と考えている気がする。

(まぁ、無理やり褒美を作って、仕事をした自分に「仕事をするとこんなことがあるよ」と覚えさせているのだと思う)

 

まぁ結論から言うと何も問題なく、私の余計なお世話で、人は好きに消費するとよい。

ただ私の場合はどんな物に変えるよりお金が好きで、もっと言うと口座の数字が好き。

貯金がある状態で100円のお茶を買うと、7並べで6から1のカードを持っているときに6のカードを場に出すような快感があって気持ちがいい。

 

「お金は使わないと意味がない」とよく言うけど、確かにその通りだと思う。

そういう人からすると、ただ貯金してる連中なんて本当に意味わからないだろうなと思う。