ポジティブニートの友達を作ろう

セミリタイアすると、世の普通の価値観を持つ人とは中々

・時間的にも

・金銭的にも

・価値観的にも

遊びにくくなることが多い。

 

例えば「来月から1か月くらい、東南アジアで生活してみない?」という提案にのれる正社員はいないだろうし、アルバイトやパートでも生活が懸かっているので難しいと思う。

かといって暇な金持ちに付き合えるほどの資産も私は持っていないし、お金を出すつもりもない。

 

 

なのでやっぱりニートが良い。

ニートは働かずに生活が成り立っちゃってるわけだから、1か月でも時間を確保できる。

それにニートの中には「ニートである事以外は全く持って普通の人」で「ニートであることを全く気にしていない」人もいて、彼らは話していても普通に楽しい。

 

 

お金に関しては、なぜか小金を持っているニートも多いし、働いたり働かなかったりを繰り返しているニートもいる。

またニートは意外とケチじゃない人も多く、使える範囲でお金を使ってくれるので一緒に遊びに行きやすいし、少しくらい足りない分は出してあげても良いと思う。

こういった友達はセミリタイア後には結構貴重で、私も一緒に旅行の計画を立てているニートがいる。

 

 

ただニートにもポジティブニートとネガティブニートがいて、ネガティブニートの場合は付き合っているとこっちまで気がめいってくるのでおすすめしない。

世の中の全てを恨んでいるニートもいるし、共依存的なニートもいる。

 

なので「ニートになってしまった」とか「ニートの自分は駄目なんだ」とネガティブな人より、「自らニートを選んでいる」「ニートですけど何か」みたいな人を探そう。

こういう気を使わなくて済む友人がいれば、セミリタイア後も割と退屈しない。