ベーシックインカムの結果が出たけれど…

 

ベーシックインカム受給者の精神的安寧、自信、人生の満足度が向上した」

「経験にかなり差はあったものの、ベーシックインカムの受給者はおおむね自身の生活に満足しており、対照群よりも精神的なストレスやうつ、悲しみ、孤独を経験しなかった」

 

「就職やキャリアアップのための訓練を促すなど、ベーシックインカム導入による本当の効果を見極めることができない」

さらに、ベーシックインカムによって失業問題が解決される見込みはなかったものの、受給者の中には「仕事」と称して家族や近隣の人のサポートを行ったり、無償で社会活動に参加したりする者もいたことがわかりました。

「ベーシックインカムは人を幸福にする」と2年間に及ぶ実験で判明 - GIGAZINE

 

…なんじゃそりゃ。

ベーシックインカムはお金貰った状態でも人が働くかどうかが重要であって、「お金おらえたから少しは人生がよくなりました」って、そりゃ当たり前でっしゃろ。

これって「ニートにお金あげたら笑顔になりました」ってことでしかないですよね。

 

もしくは幸福度が常に高いフィンランドは、ベーシックインカム導入で国民が国の役に立つかどうかではなく、純粋に国民を幸せにしてあげたいと思ったのだろうか…。