無理して働かないのもつらい

セミリタイアしたい」と思ったときは(仕事なんてもうやりたくない)と思っていたけれど、いざセミリタイアしてみると”仕事”というコンテンツもまた、人間に用意された娯楽のようなものの気がする。

スポーツとか旅行みたいに、多くの人が(やりすぎない限りは)人生に少しは取り入れると豊かになるかもしれないと思う。

 

問題なのは

・働きすぎる事

・全く興味のない仕事をすること

であって、自分のやりたいことをバランスの取れた範囲でやるのであれば、人生もより楽しいものになると思う。

早い話、絵を描いてそれを売れば一応仕事になるし、それは楽しい。

 

ただ、こんな”甘えた理想の仕事論”を語れるのもセミリタイア状態で何をしても生きていける状態にあるからで、やっぱりセミリタイアできた事は本当に良かった。

 

もしセミリタイア後も仕事をするのが嫌な人はボランティアをしてみるといいと思う。

私もたまにすることがあるが、立場的に”やってあげている”ので楽だし、お金は貰えないけれど感謝はしてもらえるし、お金を払わなくても様々な経験がさせてもらえるので色々と得だと思う。

例えば野菜の収穫などのボランティアはプロの現場を無料で見られるうえ、最後に野菜を貰えたりするので面白い。