セミリアイア者とニートは全く違う属性だと思う

セミリタイア気質の人とニート気質の人は近いと思っている人もいるかもしれないが、個人的には全く違うと思う。

私は昨年初めてネットを通じてニートの友達を作った。

私はこれまで海外旅行はずっと一人で行っていたのだが、一休みしてからはなんだか自分一人で行くのは面倒になり、せっかくなので時間のある人と一度行ってみたいと思い友達を見つけた(たまたま住んでいる場所も近かったのですぐに出会った)。

 

彼はとても丁寧な性格で、友人としては上手く付き合っていけると思った。

ただやはりニートなので基本的に金が無いわけだが、例えば旅行をするのにあと5000円足りないという場合、少しでもアルバイトでもしてしまえば終わりというか、その方がずっと悩むより楽だと思うものの、彼は絶対に働かない。

私もフリーターの友人がいるが、やはりニートとフリーターでは天と地ほど考え方に差があると感じた。

 

 

セミリタイアをしている人も、色々な方のブログを読む限り「しばらくは休んでボチボチ考えます」「あとはアルバイトでもして暮らしていきます」といったような、働くことが何が何でも嫌という人はやっぱり少ない。

むしろ完全にリタイアできる人でも、社会とのかかわりを持ちたいがためにアルバイトをしている人もいるくらい。

ただ(たった一人のサンプルでしかないが)ニートはやはりニートを選択するほどの働かないという強い意志があると思う。

そこまでして、どうして働きたくないのかが素直に知りたい。