セミリタイア

30歳貯金500万円で”とりあえず一段落”を手に入れる

30歳という年齢を恐れる

30歳を後数年で迎えるという事で、最近はフリーターの友達と「これからの人生どうするよ」なんて話ばかりしています(笑) 私の中でも30歳という節目はやはり特別といいますか、人生の大きなかじ取りになると言いますか、30歳で出発した道から帰って来れるのは…

セミリタイア後のアルバイトについて

よく「セミリタイア後はバイトでもしておけば大丈夫」みたいなことを言ったり聞いたりするのですが、最近「この”バイト”ってなんじゃい」と色々考えています。 例えば ・そもそもバイトって何歳くらいまで雇ってもらえるのか ・時間労働のためのバイトか、そ…

セミリタイア後の賃貸の最低家賃を考えてみる

news.livedoor.com 調べたところ、家賃の相場が一番安いのは群馬県みたいですね。 実際にHome'Sで調べてみても、 ・管理費等込み ・駅徒歩20分以内 で調べても350件以上Hitしますし、例えば以下のようなきれいなアパートは結構あります。 ミニヨン・メゾンY…

30歳でリタイアした方と話して

ひょんなことで30代でリタイアして海外移住している人と話す機会を得られています。 彼は三菱サラリーマンさんと同じように入社したころから30でリタイアすると決めていて、実際に実現されました。 しかも所得は日本の不動産だけみたいで、不動産は株と違い…

現役セミリタイア者が「本気でFIREをめざす人のための資産形成入門」を読んだ感想・レビュー

この本の著者は、セミリタイアを目指している方の間ではかなり有名な方だと思います。 もしかすると「よよよ」さんに次いで有名かもしれません(セミリタイア第二世代?)。 この本の内容も前回ご紹介した「FIRE 最強の早期リタイア術」と似たように ・投資…

リタイア・セミリタイア後にURに住むことについて

私が1年間の1/3くらいを海外で過ごしていた時期、国内ではURを契約していました。 2年間ほどURに住んでおりましたし、セミリタイア後にURを検討する方は多いと思いますので、簡単にメリット・デメリットについてまとめておきます。 ちなみに住んでいたアパー…

現役セミリタイア者が「FIRE 最強の早期リタイア術」を読んだ感想・レビュー

結論から言うと、この本は右も左もわからない状態からFIREを目指す方にお勧めですね。 ・リタイアを目指すには特別な仕事は必要ない事 ・節約の重要性 ・投資の重要性 ・リタイアするのに、そこまで貯蓄は必要ない事 など、実際にFIREするまでに必要なことや…

セミリタイア・リタイアじゃなくて、単にうつ病の休養期間みたいな人多いと思う

リタイア・セミリタイア後に再び働きだす、ありがちなパターンについては ・退屈に耐えられなくなった ・お金が足りなくなった ・欲しいものが出来て働きたくなった 等があると思いますが、最近もしかすると「単純にうつ病が治った」という例もあるのではな…

「お金と暇と健康」を読んだ

・「お金・暇・健康があっても生きがいなんて見つからないぞ、まず生きがいから見つけないと」 ・「求める”生きがいのレベル”は人によって違って、気晴らしレベルで満足する人もいれば、いくら求めても満足できない人もいるぞ」 ってことですかねぇ。 私の周…

島田紳助さんに言いたいこと全部言われてた

私が言いたいこと、全部言われてました(笑) 私も大学生の時、言葉を話す冷蔵庫か何かが発売されているときに、(さすがにこれ作るために1日8時間は働けないよなぁ…)なんて思ったもんです。 もう、多くの人がいわゆる”新製品”に置いて行かれている時代だと思…

「年収100万円の豊かな節約生活術」を久しぶりに読んだ

この本は過去に読んだことがあったのですが、当時は私も普通に働いておりましたので、セミリタイア後に改めて買ってみました。 この方は東大卒で30くらいまでは普通に働いていたそうですが、その後20年くらい無職をされているそうです。 月の生活費は3万円で…

セミリタイア後に一人でできる退屈しない暇つぶし

かつて島田紳助さんが「人生は所詮暇つぶし」なんて言いましたが、私のような20代でセミリタイア中の者だと暇を潰せない程の時間が残っています。 最もこの「暇」を潰すのに向いているのは、何か目標を持って我を忘れて集中することだと思いますが…それは今…

コロナで労働意欲が減ってきています。

コロナが完全にぶり返していますね。 4都県で再び緊急事態宣言が出されそうになっていますが、私の住んでいる地域も地方都市ですので何かしら対応がありそうです。 それはさておき、今のような状況で自宅外でお金を使うチャンスが少ないと、生活に必要なお金…

一か月間のお試し移住を月7万円で実現する方法

私たちセミリタイアーの中には住む場所にこだわりがない人、将来的にはどこかに移住したい人も結構いると思います。 そのためには一度下見をしないといけないわけですが、日本だと短期で賃貸契約は基本的に結べないですよね。 そのため1か月滞在するとなると…

セミリタイアに関するLINEのオープンチャットを作成しました

こんにちは! このブログでは当然ですが私が一方的に話をしておりますが、もしかすると読んでいただいている方の中には ・既にリタイア・セミリタイアされている ・リタイア・セミリタイアを目指している 方もいらっしゃるかもしれないと思い、またそういっ…

お金がなければ無いなりに満足した生活を送れる

会社に資産があり毎月大きなキャッシュフローがあったときは、国内外思い立ったらビュンビュン飛んでいくことが”当たり前”というかそれなりに幸せを感じていたはずなんだけど、今は会社の資産を売却したお金から配当という網を通したわずかな(しかし安定し…

セミリタイア後の仕事との向き合い方の変化

私はずっと自営業なので、セミリタイアする前の仕事のモチベーションは「仕事とは結果を出すもの」という認識でした。 自営業なので結果出さないと1円にもならないので、何か用事がない全ての時間を仕事に回していました。 食事・風呂・睡眠以外の空いた時間…

今は死んでも家を買わない理由

まずは両親に感謝(。-人-。) 親がお金を出して買ってくれた持ち家ほどありがたい物はない。 まぁローン払い終わっても固定資産税とか管理費とか払わないといけないわけだけど、ある程度都市部なので家賃次第では入居者は充分見つけられるだろうから、将来的に…

孤独なセミリタイア―は海外に行け(特に若い人)

セミリタイアもしくはリタイアしている人って、周りとの話が合わなくなったり、もしくはセミリタイアを目指す過程でストイックになりすぎて友達無くしたりしている人も多いと思う。 そういう人で、もし海外に行ったことがない人がいれば、ぜひコロナが落ち着…

セミリタイアを人に勧めない

自分は若年セミリタイアってのは「目指して勝ち取るもの」ではなくて「普通に生きていけない人が悩んだ末行きつく生き方」だと思ってるので、絶対に人には勧めないです。 てか何度も書いてますけど、普通の人はまず「こんな生活するくらいなら絶対働いたほう…

ケチケチ・リタイア生活は楽しいのか?

blog.livedoor.jp 私もケチなのでわかりますが、ケチってたぶんケチでいることが気持ちいい状態なんですよね(笑) むしろケチではない、自分にとっては無駄な出費をすると心のモヤモヤがすごいことになります。 何というか「適正ではない」というモヤモヤで、…

もし今資産が0になったら、もう一度セミリタイアを目指すかどうか

もし今資産が0円になったら、もう一度セミリタイアを目指すかどうか。 ふと思いついたんですけど、私はほぼ確実に目指しませんね。 もう一度会社を作って頑張ろうという気にもならないし、普通に働いてまた0からセミリタイア資金を貯めようとは一切思えませ…

貧乏セミリタイア者の楽しい趣味紹介②国内の家賃比較

前回世界の物価を比較しましたが、国内都道府県の物価を比較するのも楽しいですよ。 とはいえ一つの国なので物価はそこまで変わらず、大きく変わるのは家賃になります。 引用元:https://www.excite.co.jp/news/article/Mitok_116294/ トータルで見ると群馬…

貧乏セミリタイア者の楽しい趣味紹介①世界の物価比較

どーも、世界物価比較ケチ症候群を患っている私です。 今日はセミリタイアを目指す人・実現した人が楽しめる趣味を1つご紹介します。 それが、国と国の物価を比較すること。 要は日本では貧乏リタイアでも、海外に行けばこんだけ贅沢できるんやな~ってやつ…

なぜ今セミリタイアがブームなんだろう

私がセミリタイアの情報を探しに行っているからかわからないけど、最近セミリタイアを目指している人が増えている気がする。 一昔前からするとセミリタイアなんてものは金持ちが余裕綽々でするものだったけど、最近は貧乏セミリタイアを、しかも貯金がほとん…

セミリタイアした瞬間から、自分で自分の人生を組み立てなきゃいけない

おそらく普通に働いている人は、自分の意思とは裏腹に人生にある程度の予定が予め組み込まれていると思う。 月曜日が来れば出勤、平日は仕事なので休日に○○しないといけない、〇歳くらいには××に転属しないといけない等。 おそらく多くの人は生まれてから学…

セミリタイアを職業図鑑に登録してほしい

前々から「セミリタイア」もしくは「リタイア」を職業図鑑に載せてほしいし、学校でも生徒に教えてほしいと思っている。 セミリタイアとかリタイア生活をあらかじめ知っていればもっと初めから目指していたという人も多いと思う。 そして何より、セミリタイ…

セミリタイアして何でもできると、それはそれで悩む

実はコロナが流行る前、友人と海外へ行く計画を立てていた。 ただコロナでフライトが飛ばなくなり、今は国内にいる。 これ、ある一点だけはよかったと思ってる。 それは海外に行けなくなったことで、国内を楽しもうと思えること。 選択肢が強制的に少なくな…

普通の人間はどれだけお金があってもセミリタイアなんてできないと思う

最近、どれだけお金をたくさん持っていてもセミリタイアはもちろんリタイアなんて普通の人にはできないと思うようになった。 おそらく普通の人は”働かないこと”に耐えられないと思う。 それは寂しさとか社会のつながりというわけではなくて、単純に金を稼げ…